修理が可能な部位

バッグに限ったことではありませんが、思いがけず破損してしまったり、傷つけてしまうことがあるものです。しかし、多くの場合修理することができますから、まずはバッグ修理を行っているお店に相談してみましょう。持ち手が壊れてしまったり、ショルダーベルトが切れてしまった時も修理は可能。もちろん、古くなったため見た目が悪く何とかしたいと思った時も対応してくれますし、長さにしっくりこない時もサイズを変更することができます。他にも、根革の破損やファスナーの交換。金具類などを新しくすることもできますし、バッグの一部分の皮切れも修理してくれます。

また、外見だけでなバッグの内側が古くなってメタメタしてきた時やほつれが出てきた時なども対応可能。バッグの内袋を交換することもできます。バッグの中が良い状態でないと、使い心地も良くありませんし、何より安心して物を入れることができなくなります。せっかくなら安心して気持ち使いたいもの。専門業者に相談して納得できる仕上がりを期待しましょう。

この他にも、修理できることがあります。諦めてしまい箪笥の奥で眠っているバッグも、もう一度取り出してお店に相談してみてはいかがでしょうか?

ue reading »',